自分磨きのための新聞の読み方

知識を得るのに有効な新聞

誰しもが自分の能力を高めたいと思っています。
いまよりもずっと多くの知識や知恵をつけて、他の人よりも優れた能力を持ちたいと考えるのは当然の欲求ではないでしょうか。
そのためには、日頃から本を読んだり、新聞を読んだ入りしている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、ただ漫然と本や新聞を読んでいても自分のためにはなりません。
特に新聞はそうです。

新聞は読み方というものがあります。
間違った新聞の読み方をしていてはなんのいみもありません。
自分の知識を向上させることにはつながりません。
きちんと読み方を覚えて、それを実践することによって、他人以上の知識や知恵を身につけることができるのです。

では、どのように読むのが正しいのでしょうか。

正しい新聞の読み方

まず、新聞というものは、複数の新聞を読み比べなければならないというのを知っておきましょう。
新聞は当然のことながら新聞社によって記事の内容が違ってくるのです。
また、新聞社によっては得意なジャンルの記事もあれば、苦手なジャンルの記事もあるのです。
苦手なジャンルの記事エスト、記者の勘違いなどから、間違った内容の記事を書いていることがあるのです。

解説記事が書かれているからといってそれが必ずしも正しいとは限りません。
事実誤認による、間違いだとか、説明不足による、誤解などを招くことがあります。
ですから、複数の新聞社の、同じ記事に目を通すことによって、その記事の内容を深く理解することができるのです。
新聞を複数も読むというのは、時間的に難しいと思うかもしれませんが、自分の知識を高めるためなら、それぐらいの事はしないといけません。

しかし、最近ではインターネットで新聞記事が読めるようになってきています。
スマートフォンや、タブレットなどを所有している人もいるでしょうから、それらを使用することによって、気軽にいろんな新聞社の記事を比較しながら読むことができるようになっているのです。
昔よりも、複数の新聞を読むことの敷居は低くなっています。
時間的にもそうですし、経済的にも、わざわざ幾つもの新聞を購入する必要もないのです。
そのような新聞の読み方ををすることで、自分磨きをできるのです。

新聞の載っていることが本当とは限らない

また、新聞に書かれているものが全て事実であると信じないことも大事です。
新聞に書かれていることの中には、事実と異なる場合があります。
国内の記事でもそうしたことはありますし、特に、海外の記事などではそうです。

海外の記事は英語で配信されているものが新聞社で翻訳されます。
それが新聞にのるわけなのですが、元々が英語の記事ですので、場合によって翻訳ミスというのがあります。
翻訳ミスのために、全く反対の意味となって新聞に掲載される場合もあるのです。
その場合は、元の英語の記事を読めるように、最低限の英語の勉強をしておくのもいいのではないでしょうか。

このような適切に新聞を読むことが自分の能力や知識を高める上で役に立ってくるのです。