お気に入りの時計を見つける

人は外見、特に小物で印象が決まる

人は意外とその人が何をつけているのか、どんな洋服を着ているのか、どういったメイクや髪形をしているのか、靴はどこのものを履いているのかなど詳細にわたって瞬時に観察しチェックしています。

人はその人の印象やパーソナリティーを決定づけるうえで、外見の情報を八割がた信用し、その情報をもとにその人の人となりを判断するとも言われています。
そのため自分磨きの上で外見をきちんとすることは非常に重要なことだと言えるのです。

特に人は時計やバック、靴といった小物類をどれくらいのグレードのものを身に付けているか観察することによって、その人の生活のランク、経済状況、収入を探る傾向にあると言えるのです。
そのため本当にオシャレで、経済的余裕のある人は特にこうした小物アイテムに拘り、上質なものを身に付ける傾向にあるのです。

時計選びで女性らしさを演出

その中でも時計は特に顕著に経済状況や経済的余裕を他者に顕示するアイテムと言えるでしょう。
時計の価格の範囲は幅広く、安ものを付けていると経済的に余裕のない人だと瞬時に判断される傾向があるのです。
あまりに安物の時計をつけるのであれば、かえって身に付けない方がマシだと言えるかもしれません。

また腕時計は特にセンスが問われるアイテムでもあるのです。
最近女性でもメンズライクな大き目の腕時計やあえて男性用の腕時計をつける女性もいますが、男性から見るとそれはあまり色気を感じないです。

やはり女性であれば、女性の華奢で細い腕を強調するような小ぶりの品の良いフェミニンな腕時計をつけるべきだと言えるでしょう。
時計のフォルムはスクエアや四角く角ばったものではなく、楕円や円形の文字盤で女性らしい丸みを感じるフォルムの時計がお勧めです。

小ぶりの腕時計であると、テニスブレッスレットやバングルとの重ねつけも可能になりコーディネートの幅が広がります。
文字盤の周りを囲むようにラインストーンやダイヤモンドがあしらわれたデザインであれば、女性らしく華やかで男性受けもよいです。

カラーはどんな洋服にも合わせやすい白や黒など定番の物が良いと言えるでしょう。
ちょっと個性を演出したければ、文字盤に白蝶貝などが用いられている物をつけると、七色の光を放ち非常に腕や手元を美しく演出してくれます。

自分磨きにおいては腕時計といった小さなアイテムまで神経をつかい選ぶことが大事なのです。
自分磨きにおいてこうした細部なことまで拘りを持ち、コーディネートできる人は、その他の面でも気遣いができ、女性らしい感性の持ち主だと判断され好感が持たれるのです。